「福麻戦争」の命運握る与謝野馨

衆院解散・総選挙含みの臨時国会日程も経済対策次第。「司令塔」はどちらにつくのか。

2008年9月号 BUSINESS

  • はてなブックマークに追加

「公共事業を中心として、財政出動で有効需要を無理やり創出する手法は採らない。理念、哲学が必要だ」月例経済報告で回復の実感なき景気の基調判断を「足踏み」から「弱含み」へ転換した8月7日。経済財政担当相・与謝野馨は記者会見で、経済対策を急ぎながらも「バラマキはやらない」と言い切った。その直前、旧知の総務次官・滝野欣彌が与謝野に探りを入れていた。国債発行30兆円枠や11年度に国と地方のプライマリーバランス(基礎的財政収支)を黒字化するという小泉政権以来の財政健全化目標。自民党幹事長・麻生太郎は5日、目標先送りをぶち上げていた。滝野「幹事長とは調整済みですか」与謝野「何も相談していない。経済対策はやるが、財政再建も守る」「麻生・与謝野蜜月」説は虚像なのか――。麻生と微妙に一線を画す与謝野の言葉は霞が関を駆け抜けた。8月2日の土曜日に苦心の改造内閣を発足さ ………

ログイン

オンラインサービスをご利用いただくには会員認証が必要です。
IDとパスワードをご入力のうえ、ログインしてください。

FACTA onlineは購読者限定のオンライン会員サービスです。年間定期購読をご契約の方は無料でご利用いただけます。オンライン会員登録がお済みでない方はこちらからお手続きください(※ご利用いただけるサービスは購読コースにより異なります。詳しくはこちらをご覧ください)。