W杯最終予選岡田ジャパンに黄信号

2008年9月号 DEEP [ディープ・インサイド]

  • はてなブックマークに追加

サッカー日本代表が9月6日からW杯南アフリカ大会出場を懸けたアジア地区最終予選に臨む。日本のA組にはオーストラリアのほか、バーレーン、ウズベキスタン、カタールがいる。5カ国中、2位までに入ればW杯出場切符を獲得。A組でW杯の出場経験があるのは日本とオーストラリアだけ。岡田武史監督も「決して悪いグループではない」とコメント。韓国、イラン、サウジアラビアなど全チームが出場経験をもつB組に比べれば、比較的恵まれたグループと言える。しかし、不安材料は多い。まず、チームの中心である中村俊輔が怪我で手術したばかり。北京五輪出場組も過酷な状況での連戦による疲労が心配される。初戦のバーレーン(アウェー)とは3次予選で対戦し、アウェーで負けた。暑さも大敵だ。カタールにも過去3分け2敗と分が悪い。初戦で負ければ、岡田監督の進退問題が浮上するばかりか、4大会連続のW杯出場 ………

ログイン

オンラインサービスをご利用いただくには会員認証が必要です。
IDとパスワードをご入力のうえ、ログインしてください。

FACTA onlineは購読者限定のオンライン会員サービスです。年間定期購読をご契約の方は無料でご利用いただけます。オンライン会員登録がお済みでない方はこちらからお手続きください(※ご利用いただけるサービスは購読コースにより異なります。詳しくはこちらをご覧ください)。