「レアメタル危機」に中国軍拡の影

アフリカに秋波を送るも、「産業のビタミン」不足がものづくり大国のアキレス腱に。

2008年8月号 BUSINESS

  • はてなブックマークに追加

温暖化や食糧、エネルギーに話題が集中した洞爺湖サミット。開幕日を飾るテーマに選ばれたのはアフリカへの支援問題だった。日本政府は今、アフリカに急接近している。ターゲットは明確。豊富なレアメタル(希少金属)の未開発鉱床だ。一般にはなじみが薄いが、レアメタルにはタングステンや希土類(レアアース)、コバルトなど約30種類ある。いずれも電子材料や鋼材には不可欠な鉱石で、わずかな量で性能を向上させる性質をもつことから「産業のビタミン」とも称される。ところが世界的に産出地が偏っており、文字どおり「レア」な存在。BRICsなど新興国の経済発展に伴い、世界中で奪い合いになっている。今年5月に横浜市で開かれた第4回アフリカ開発会議(TICAD4)。福田康夫首相が政府開発援助(ODA)倍増という大盤振る舞いを表明する一方で、甘利明経済産業相は南アフリカやボツワナ、ナミビア、コ ………

ログイン

オンラインサービスをご利用いただくには会員認証が必要です。
IDとパスワードをご入力のうえ、ログインしてください。

FACTA onlineは購読者限定のオンライン会員サービスです。年間定期購読をご契約の方は無料でご利用いただけます。オンライン会員登録がお済みでない方はこちらからお手続きください(※ご利用いただけるサービスは購読コースにより異なります。詳しくはこちらをご覧ください)。