食い逃げ北朝鮮の「おこぼれ」

米国の“ベタ降り”で原発の冷却塔爆破ショー。ハシゴを外された日本は、裏取引でよど号犯らの帰国だけか。

2008年8月号 GLOBAL [テロ支援国指定解除]

  • はてなブックマークに追加

6月26日、北朝鮮は、核計画に関する申告書を6カ国協議の議長国である中国に提出した。これを受けてジョージ・ブッシュ米大統領は「対敵国通商法の適用から北朝鮮を除外する」と発表、北朝鮮のテロ支援国家指定解除を議会に通告することになった。テロ支援国リストからの除外は大統領の通告後45日で発効するから、8月11日に北朝鮮は晴れて“普通の国”になり、国際機関からさまざまな支援を受けられるようになる。2002年秋から迷走し続けた核問題は、「核の廃棄」という最終段階に入ろうとしている。とにかく結果を出すことが最優先、という意味では一定の前進と評価できよう。7月8日に採択された洞爺湖サミット政治宣言でも核計画申告を歓迎、その包括的な検証が重要としつつも「拉致問題」の解決が盛り込まれた。しかし、昨年1月のベルリン米朝協議に続く米国の“ベタ降り”であることに変わりはない。06年 ………

ログイン

オンラインサービスをご利用いただくには会員認証が必要です。
IDとパスワードをご入力のうえ、ログインしてください。

FACTA onlineは購読者限定のオンライン会員サービスです。年間定期購読をご契約の方は無料でご利用いただけます。オンライン会員登録がお済みでない方はこちらからお手続きください(※ご利用いただけるサービスは購読コースにより異なります。詳しくはこちらをご覧ください)。