財務省幹部人事の見逃せないポイント

2008年8月号 BUSINESS [ビジネス・インサイド]

  • はてなブックマークに追加

夏の財務省の定期異動は、まさに同省伝統の「予定調和」人事だった。杉本和行新事務次官(昭和49年旧大蔵省入省)の同期、丹呉泰健氏が官房長から主計局長に就き、次の次官が確実になった。同時に、理財局長から官房長になった勝栄二郎氏(50年)が「その次の次」を確定的にした。一方、今回の人事で霞が関ウオッチャーの注目を集めたのは、57年入省組のトップランナーの一人、冨永哲夫・主計局主計官(公共事業担当)の内閣官房入りだ。主計畑バリバリの同氏は、理財局審議官で本省に戻った道盛大志郎・前内閣官房審議官兼内閣参事官(54年)の後釜に座る。3年の年次若返り自体、同省では異例だが、それよりも官邸周辺では、福田康夫官房長官時代の秘書官を経験した主計畑のエースの投入について、諸説が取り沙汰されている。まず、①財務省の杉本・勝ラインが、福田政権の予想以上の長期化に備えて官邸 ………

ログイン

オンラインサービスをご利用いただくには会員認証が必要です。
IDとパスワードをご入力のうえ、ログインしてください。

FACTA onlineは購読者限定のオンライン会員サービスです。年間定期購読をご契約の方は無料でご利用いただけます。オンライン会員登録がお済みでない方はこちらからお手続きください(※ご利用いただけるサービスは購読コースにより異なります。詳しくはこちらをご覧ください)。