「反カルト」ライターの「統一教会擁護」が波紋呼ぶ

2008年8月号 連載 [RELIGIOUS WORLD]

  • はてなブックマークに追加

統一教会に入信した娘や息子を強制的に親が連れ戻し、密室に閉じ込めて脱会させる行為は、拉致監禁と呼べるのではないか――。こんな問いかけをした本が話題になっている。7月中旬に刊行された『我らの不快な隣人 統一教会から「救出」されたある女性信者の悲劇』(米本和広著、情報センター出版局)である。同書のベースになっているのは、2004年に月刊「現代」に発表された「書かれざる宗教監禁の恐怖と悲劇」と題するルポルタージュだ。当時、多くの宗教関係者がこのルポの内容に驚いた。それは、統一教会のシンパではなく、これまでカルトと目されるさまざまな教団を批判し続け、反カルトの人々とも密接な関係を保ってきたはずの米本氏によって書かれたものだったからだ。米本氏は同書で、強制的に脱会させられた元信者が「拉致監禁」によるPTSD(心的外傷後ストレス障害)に苦しむ姿を克明に記すと ………

ログイン

オンラインサービスをご利用いただくには会員認証が必要です。
IDとパスワードをご入力のうえ、ログインしてください。

FACTA onlineは購読者限定のオンライン会員サービスです。年間定期購読をご契約の方は無料でご利用いただけます。オンライン会員登録がお済みでない方はこちらからお手続きください(※ご利用いただけるサービスは購読コースにより異なります。詳しくはこちらをご覧ください)。