「土建屋」流が嫌われた李明博

米国産牛肉で韓国の国民感情読み違え。支持率20%前後の内憂を「竹島」の外患に転ずるか。

2008年8月号 GLOBAL

  • はてなブックマークに追加

韓国の李明博(イミヨンバク)大統領が崖っぷちだ。去る2月末に就任した際、各種世論調査で50%はあった支持率が5月中旬には半減し、6月、7月と20%前後の低空飛行を続けている。李大統領は選挙で次点候補との得票差が過去最高の20ポイント以上と圧勝だったが、もはや自分に投票した有権者(得票率48.7%)の半数が離れてしまったことになる。金泳三(キムヨンサム)、金大中(キムデジユン)、盧武鉉(ノムヒヨン)の歴代大統領は、次点と数%の得票差で辛勝したにもかかわらず、就任して半年間は70~80%の高支持率を維持してきた。なぜ李大統領はこうなってしまったのか。自らも大統領選で「李明博」に一票を投じた韓国のジャーナリストはこう言う。「やはり建設会社の社長さんなんですね。自分が社長(=大統領)になったから、社員(=国民)はその指示に従うものだと思っている。しかも、自分が競 ………

ログイン

オンラインサービスをご利用いただくには会員認証が必要です。
IDとパスワードをご入力のうえ、ログインしてください。

FACTA onlineは購読者限定のオンライン会員サービスです。年間定期購読をご契約の方は無料でご利用いただけます。オンライン会員登録がお済みでない方はこちらからお手続きください(※ご利用いただけるサービスは購読コースにより異なります。詳しくはこちらをご覧ください)。