小沢が「自民・公明」分断作戦

「矢野カード」を手にした小沢は「池田」証人喚問をちらつかせ、創価学会を締め上げる。狙いは「学会票」の引き剥がしだ。

2008年8月号 POLITICS [「矢野vs創価学会」の深層]

  • はてなブックマークに追加

新聞・テレビの大手マスコミは黙殺しているが、元公明党委員長・矢野絢也氏と古巣の創価学会のゴタゴタは、今後の政局を見通すうえで、もっと注目されていい。といっても、争いの中身についてではない。騒動が起きた背景と、これが次期衆院選、ひいては「ポスト福田」政局に及ぼす影響の深層についてである。やや旧聞に属するが、6月13日午前、衆院第1議員会館の会議室で、民主・社民・国民新の野党3党議員らによる「矢野絢也さんより話を聞く会」なる思わせぶりな名前の会合が開かれた。出席者は国会議員だけで73人。代理の議員秘書やマスコミ関係者を含めると、約200人が詰めかける盛況だった。「非課税でつくられ、運営されている創価学会の施設が、選挙期間中は24時間体制で、公明党の選挙活動の拠点として使われている。運動してくれた方々の日当、電話代、会場使用料もかからない。これが政教一致 ………

ログイン

オンラインサービスをご利用いただくには会員認証が必要です。
IDとパスワードをご入力のうえ、ログインしてください。

FACTA onlineは購読者限定のオンライン会員サービスです。年間定期購読をご契約の方は無料でご利用いただけます。オンライン会員登録がお済みでない方はこちらからお手続きください(※ご利用いただけるサービスは購読コースにより異なります。詳しくはこちらをご覧ください)。