ロシアが嫌がらせする英石油資本の「トラの子」

スパイ容疑にパートナーとの死闘。裏に透けて見えるのは、メドべージェフ対セチンの権力抗争か。

2008年8月号 BUSINESS

  • はてなブックマークに追加

サハリンの二の舞いか――売上高30兆円と世界第2位の英国石油資本(メジャー)のブリティッシュ・ペトロリアム(BP)が、ロシア国内で設立した合弁会社TNK-BPが激震に見舞われている。この3月、ロシア連邦保安局(FSB)がTNK-BPのモスクワ事務所を捜索し、英国人職員2人をスパイ容疑で取り調べたのを皮切りに、パートナーを組んできたロシア投資コンソーシアム、アルファ・アクセス・レノバ(AAR)が、BPと泥沼の死闘を繰り広げているからだ。2年前、「サハリン2」プロジェクト騒動が、日本と西欧の石油業界を震撼させたばかり。英国とオランダにまたがる石油資本ロイヤル・ダッチ・シェルを筆頭に、日本の三井物産や三菱商事も出資するサハリン・エナジーが、ロシア当局から環境問題を口実に圧力を掛けられた挙げ句、ロシアの天然ガス独占企業体、ガスプロムに株式の過半の譲渡を余儀なくされた。

ガスプロムと基本合意

今 ………

ログイン

オンラインサービスをご利用いただくには会員認証が必要です。
IDとパスワードをご入力のうえ、ログインしてください。

FACTA onlineは購読者限定のオンライン会員サービスです。年間定期購読をご契約の方は無料でご利用いただけます。オンライン会員登録がお済みでない方はこちらからお手続きください(※ご利用いただけるサービスは購読コースにより異なります。詳しくはこちらをご覧ください)。