日本一の福祉をダメにしたメデカの「鷹巣取り」本格化

2008年8月号 DEEP [ディープ・インサイド]

  • はてなブックマークに追加

秋田県北秋田市(旧・鷹巣町)に大手介護企業メデカジャパンの新施設が出現し、同社の進出が本格化しそうだ。本誌前号で報じたように病院債権問題でユニマットの傘下に入り、創業者の神成裕氏は代表権のない会長に退いたので「鷹巣取り」を断念かと見られたが、北秋田市が6月に募集したショートステイ事業者に手を挙げてきた。鷹巣町といえば、北欧並みの施設「ケアタウンたかのす」を建設して「日本の高齢者ケアのモデル自治体」と言われ、全国から視察者が絶えなかった。だが、リーダーの岩川徹町長が03年の選挙で敗れてからは、見るも無惨なレベル低下が進んでいる。新市長をはじめ地元経済界や議員が「福祉は身の丈で」として予算を削減した結果だが、実は、背後で動いているのはメデカジャパンとの指摘もある。同町のケアの歴史を描いた羽田澄子監督の映画『あの鷹巣町のその後』のラストシーンで ………

ログイン

オンラインサービスをご利用いただくには会員認証が必要です。
IDとパスワードをご入力のうえ、ログインしてください。

FACTA onlineは購読者限定のオンライン会員サービスです。年間定期購読をご契約の方は無料でご利用いただけます。オンライン会員登録がお済みでない方はこちらからお手続きください(※ご利用いただけるサービスは購読コースにより異なります。詳しくはこちらをご覧ください)。