「鬼門」の最高裁長官人事次は堀籠氏か竹崎氏

2008年8月号 DEEP [ディープ・インサイド]

  • はてなブックマークに追加

「最高裁長官に堀籠氏」。2006年9月、読売新聞を除く報道各社は、最高裁長官の後継人事をそろって誤報した。そのとき長官に就任した島田仁郎氏が、11月に定年退官する。今回も一筋縄ではいかないようだ。最高裁長官は島田氏で16人目。過去15人は、裁判官出身10人、学者出身3人、検察官、弁護士出身各1人で、79年4月に就任した第9代の服部高顕氏以降は裁判官出身が続いている。長官は内閣の指名に基づき、天皇が任命する。島田長官就任時の誤報は、NHKのニュースを各社が後追いしたせいだ。そもそも最高裁長官人事はどのようにして決まるのか。「政治の介入を防ぐため、少なくともこの30年間は、長官が後任を決めている。最高裁事務総長に相談した人もいたようだが、原則として独りで考える。政府に相談することもなければ、政府の意見が反映されることもない」とベテランの司法記者は解説する。長官は後 ………

ログイン

オンラインサービスをご利用いただくには会員認証が必要です。
IDとパスワードをご入力のうえ、ログインしてください。

FACTA onlineは購読者限定のオンライン会員サービスです。年間定期購読をご契約の方は無料でご利用いただけます。オンライン会員登録がお済みでない方はこちらからお手続きください(※ご利用いただけるサービスは購読コースにより異なります。詳しくはこちらをご覧ください)。