「オーマイニュース」が再チャレンジへ

2008年8月号 連載 [メディアの急所]

  • はてなブックマークに追加

市民記者が書いた記事を掲載するウェブのニュースサイト「オーマイニュース」(本社・東京)が7月1日、社長の交代を発表した。韓国の有名サイトの日本語版として2006年8月に創刊してから、わずか2年。社長は今回で3代目となる。00年2月にスタートした韓国版は約5万人の市民記者を抱え、大統領選挙や総選挙の際には野党側に立って報道、メディアとしての影響力を高めた。ソフトバンク社長の孫正義氏が、インターネットのコンテンツのひとつとして、「市民記者」に注目し、韓国側と共同出資で日本法人を設立した。創業者の呉連鎬(オヨンホ)氏は日本法人の初代社長を兼務したが、韓国での政治的な成功体験を捨てられなかった。韓国流をそのまま持ち込んだためページビューは上がらず、広告収入もはかばかしくなかった。昨年末にそれまで編集長だった元木昌彦氏が社長に昇格した。週刊誌の編集長出身の元 ………

ログイン

オンラインサービスをご利用いただくには会員認証が必要です。
IDとパスワードをご入力のうえ、ログインしてください。

FACTA onlineは購読者限定のオンライン会員サービスです。年間定期購読をご契約の方は無料でご利用いただけます。オンライン会員登録がお済みでない方はこちらからお手続きください(※ご利用いただけるサービスは購読コースにより異なります。詳しくはこちらをご覧ください)。