国公立病院出入り業者「カルテル覚書」入手

寝具から病院食、洗濯、清掃、売店、駐車場まで業者は談合漬け。何度摘発されても懲りない。

2008年8月号 DEEP

  • はてなブックマークに追加

「こんなカルテルの見本のような文書は久々に見たな。目につかないところで、まだやっているのか」地検特捜部で活躍した検事OBがあきれた顔でため息をついた。舞台は病院。医療機器や薬品メーカーだけでなく、入院患者のシーツなど寝具をリースして洗濯するリネンサプライ業者も出入りする。その大手5社が、新規参入を図る業者を封じ込めるために交わした「覚書」を入手した。最初にこんな取り決めが行われていた。「株式会社日本シューター(以下甲という)と5社(ワタキューセイモア、東京基準寝具、小山商会、ヤマシタコーポレーション、柴橋商会、以下乙という)に対する売上総額を年間4億円とする。但し、甲名義に変更する官公立病院1000床、民間病院1000床、計2000床の売上高を含むものとする」露骨といえば露骨。大手5社(東京基準寝具の現在の社名は東基)が2千床分の寝具リース料や洗濯料を日 ………

ログイン

オンラインサービスをご利用いただくには会員認証が必要です。
IDとパスワードをご入力のうえ、ログインしてください。

FACTA onlineは購読者限定のオンライン会員サービスです。年間定期購読をご契約の方は無料でご利用いただけます。オンライン会員登録がお済みでない方はこちらからお手続きください(※ご利用いただけるサービスは購読コースにより異なります。詳しくはこちらをご覧ください)。