田淵 節也氏(元野村証券社長・会長)

散る桜 残る桜も 散る桜

2008年8月号 連載 [経営者のひきだし 第28回]

  • はてなブックマークに追加

野村証券を「利益日本一」に育て上げたこともある田淵節也さんが、6月26日、84歳で亡くなった。「功罪相半ば」「光と影を背負い」――新聞各紙に、そんな言葉が載った。メディアは、「功」と「罪」が併存するとき、「罪」により焦点を当てる。それも、歴史を検証し、権力をチェックするというメディアの役割ではあるだろう。だが、「嫉妬文化」の日本では「そのほうが世間受けする」ということも、潜在意識にあるのではないか。極言すれば、営業政策から来る「功罪論」なのだ。親しかった人たちがもう一つ「残念」としたのは、追悼原稿が実像にほど遠かった点だ。切り抜き記事のパッチワークばかりが目立った。故人は、酒と桜を、こよなく愛した。日本人はみんな桜好き。潔く散る風情に、身の退き際を想う人も多い。だが、桜の花は、ただ潔く短い命を散らしているだけではない。「散る桜 残る桜も 散る ………

ログイン

オンラインサービスをご利用いただくには会員認証が必要です。
IDとパスワードをご入力のうえ、ログインしてください。

FACTA onlineは購読者限定のオンライン会員サービスです。年間定期購読をご契約の方は無料でご利用いただけます。オンライン会員登録がお済みでない方はこちらからお手続きください(※ご利用いただけるサービスは購読コースにより異なります。詳しくはこちらをご覧ください)。