事業切り売り案が浮上! クラシエ再建に暗雲

2008年8月号 BUSINESS [ビジネス・インサイド]

  • はてなブックマークに追加

旧カネボウから日用品、漢方薬、食品事業を引き継いだクラシエホールディングスが7月、現社名に変更して丸1年を迎えた。ところが、大株主のアドバンテッジパートナーズ、MKSパートナーズ、ユニゾン・キャピタルの国内3ファンドが水面下で進める3事業の一括売却交渉が難航し、事業の切り売り案が浮上してきた。一体再生に固執する経営陣との間に亀裂が広がり、前途に暗雲が立ち込めている。クラシエの経営陣は一貫して「事業の切り売りは、ブランド価値が離散する」(幹部)と抵抗してきた。3ファンドも経営陣の意向に配慮を示し、今春から3事業の一括譲渡先を募った。しかし、関係者によると「米ジョンソン&ジョンソン、米P&G、蘭・英ユニリーバなど海外勢が興味を示したものの交渉は不調に終わった」とされる。国内3ファンドは06年2月、クラシエの全株式を取得し、完全子会社化した。すでに花王がカ ………

ログイン

オンラインサービスをご利用いただくには会員認証が必要です。
IDとパスワードをご入力のうえ、ログインしてください。

FACTA onlineは購読者限定のオンライン会員サービスです。年間定期購読をご契約の方は無料でご利用いただけます。オンライン会員登録がお済みでない方はこちらからお手続きください(※ご利用いただけるサービスは購読コースにより異なります。詳しくはこちらをご覧ください)。