神戸「次世代スパコン」の大マヌケ

1100億円の巨費を投じて「世界最速」をめざすが、完成前にライバルに惨敗しそうだ。

2008年8月号 BUSINESS

  • はてなブックマークに追加

今年3月下旬、読売新聞の大阪版に「次世代スパコン 幅広く活用する体制を」と題するコラムが掲載された。「人の体をつくる細胞や臓器の動きが詳しくわかり、新しい薬を迅速に作ることができる。ジェットエンジンの開発コストが半減する。こんな夢を乗せて、1秒間に1京回(京は1兆の1万倍)という世界一の計算能力をめざす」と持ち上げている。話題の主役は独立行政法人の理化学研究所が中心となり、総事業費約1100億円をかけて開発中の「次世代スーパーコンピュータ」。ハードウエアを収容する建屋の工事もすでに神戸市の人工島、ポートアイランドで始まっている。

国産に拘り「ガラパゴス化」

次世代スパコンは通称「ペタコン」という。計算能力は10ペタFLOPS(1ペタFLOPSは1秒間に1千兆回の浮動小数点演算をする速度)の高速計算能力を備える。世界最高速のスパコンとして一世を風靡した「地球シミュレータ」の250倍も速い。20 ………

ログイン

オンラインサービスをご利用いただくには会員認証が必要です。
IDとパスワードをご入力のうえ、ログインしてください。

FACTA onlineは購読者限定のオンライン会員サービスです。年間定期購読をご契約の方は無料でご利用いただけます。オンライン会員登録がお済みでない方はこちらからお手続きください(※ご利用いただけるサービスは購読コースにより異なります。詳しくはこちらをご覧ください)。