永谷園の「サプライズ人事」 背景に創業一族の不仲説

2008年8月号 BUSINESS [ビジネス・インサイド]

  • はてなブックマークに追加

お茶漬けなど和風即席食品最大手の永谷園が6月、トップ交代に踏み切った。副社長の町田東氏が、創業一族の永谷家以外で初めて社長に就く「サプライズ人事」(食品企業幹部)。食の安全に対する消費者の不安の高まりに応じて、生産・営業現場に精通した経験豊かな人を起用したというのは表向きの説明で、食品業界筋では「創業家の不仲が原因」との見方がもっぱらだ。今回の人事でより注目されたのは、創業者の長男・永谷栄一郎社長と創業者の弟である永谷明副社長が、それぞれ代表権を持つ会長と副会長に就き、栄一郎氏の弟である泰次郎専務にも代表権を与えた点。栄一郎氏は自分より20歳も年上の叔父の明氏を「煙たがっている」(食品業界筋)といわれ、自ら社長から会長に退くことで明氏を副会長に祭り上げ、弟の泰次郎氏を町田氏の次の社長に据える路線を敷いたとされる。町田氏は「ワンポイントリリ ………

ログイン

オンラインサービスをご利用いただくには会員認証が必要です。
IDとパスワードをご入力のうえ、ログインしてください。

FACTA onlineは購読者限定のオンライン会員サービスです。年間定期購読をご契約の方は無料でご利用いただけます。オンライン会員登録がお済みでない方はこちらからお手続きください(※ご利用いただけるサービスは購読コースにより異なります。詳しくはこちらをご覧ください)。