TF1もパリ・マッチもメディアは手玉のサルコジ

2008年8月号 GLOBAL [グローバル・インサイド]

  • はてなブックマークに追加

サルコジ仏大統領はメディアを手玉に取る人物――というイメージが定着してきた。主要メディア経営陣の多くはサルコジの友人であり、気に入らない記者がいれば、担当を躊躇なく外せる。「仏国営放送が大統領府の広報代理店となる日も近い」と、まことしやかに囁かれている。6月、民放局TF1の看板キャスターが突然降板した。パトリック・ポワーヴル・ダルヴォール(頭文字でPPDAと呼ばれる)で、21年間もキャスターを務めた午後8時からのニュース番組は、フランスでは最も人気があり、彼は「8時の顔」と呼ばれた。TF1の社長マルタン・ブイグは、サルコジの最も近い友人のひとりであることから、大統領からの圧力が取り沙汰された。PPDAがインタビューで大統領を「小さな坊や」とからかうような言動があったことが逆鱗に触れた、とも言われている。扇情的な記事を売り物とするメディアのパイオニアであり、 ………

ログイン

オンラインサービスをご利用いただくには会員認証が必要です。
IDとパスワードをご入力のうえ、ログインしてください。

FACTA onlineは購読者限定のオンライン会員サービスです。年間定期購読をご契約の方は無料でご利用いただけます。オンライン会員登録がお済みでない方はこちらからお手続きください(※ご利用いただけるサービスは購読コースにより異なります。詳しくはこちらをご覧ください)。