住友不動産――怪物「安藤商店」の幕引き

御年98歳の不動産業界のドンが完全引退し、後釜には78歳のワンマン会長。看板が「安藤」から「高島」に替わるだけか。

2008年7月号 BUSINESS [企業スキャン]

  • はてなブックマークに追加

東京・銀座の数寄屋橋通りとコリドー街に挟まれた7、8丁目界隈は高級クラブが密集する並木通り周辺とは異なり、気軽に入れる飲食店が軒を並べる。そんな小粋な飲み屋街をまもなく100歳に手が届く明治生まれの大物財界人が、若い女性(とはいっても70歳前後)を伴って夜な夜な闊歩する。誰ともなくつけた渾名が「数寄屋橋通りの妖怪」。95歳を過ぎても背中が曲がらず、店主の手を払いのけて一人でビルの階段を上り下りする。「僕のDNAは特別」「寿命は120歳」というのが口癖だ。妖怪の正体は住友不動産取締役相談役、安藤太郎(98)である。「去年の秋ごろまでおみえになっていました」というのは銀座8丁目の料理屋の店主。安藤はいつもカウンターの隅に、介添え役の例の女性と並んで腰を掛け、コース料理をぺろりと平らげる。酒は決まってお銚子2本。ほろ酔いになると、カウンターの腰高いイスに座った ………

ログイン

オンラインサービスをご利用いただくには会員認証が必要です。
IDとパスワードをご入力のうえ、ログインしてください。

FACTA onlineは購読者限定のオンライン会員サービスです。年間定期購読をご契約の方は無料でご利用いただけます。オンライン会員登録がお済みでない方はこちらからお手続きください(※ご利用いただけるサービスは購読コースにより異なります。詳しくはこちらをご覧ください)。