森が苛立つ「中川の謀反」

親分に逆らい総裁候補への名乗りを上げた中川。自民党最大派閥に分裂の芽。

2008年7月号 POLITICS

  • はてなブックマークに追加

4代続けて首相を輩出してきた自民党最大派閥の清和政策研究会(町村派)は、「55年体制」崩壊から15年を経てもなお、「数の力」に頼っている。近い将来起こりうる「ポスト福田」政局でも、いかに主導権を握り、キングメーカーであり続けるかが、派閥の最高実力者、元首相・森喜朗の最大の関心事である。が、ここに来て派閥分裂の芽が現れた。清和研代表世話人の一人、元幹事長・中川秀直の策動にほかならない。

「中川から何も聞いていない」

中川は持論である経済成長重視の「上げ潮」路線や霞が関改革の必要性を訴えた著書『官僚国家の崩壊』を5月に出版。6月4日には派内で勉強会を立ち上げた。集まったのは所属議員87人のうち32人。その前で中川は熱弁を振るった。「納税者に(消費税増税を)お願いする前にやるべきことがある。増税に反対なのではない。安易な増税に反対だと言えば誤解されない」著書の中で中川は、森内閣時代 ………

ログイン

オンラインサービスをご利用いただくには会員認証が必要です。
IDとパスワードをご入力のうえ、ログインしてください。

FACTA onlineは購読者限定のオンライン会員サービスです。年間定期購読をご契約の方は無料でご利用いただけます。オンライン会員登録がお済みでない方はこちらからお手続きください(※ご利用いただけるサービスは購読コースにより異なります。詳しくはこちらをご覧ください)。