喜美の捨て身で「公務員」改革成立

2008年7月号 連載 [policyの極意 第3回]

  • はてなブックマークに追加

公務員制度改革基本法が6月6日に成立した。明治の元勲、山縣有朋以来の110年ぶりの大改革と言われる。確かに戦後の公務員制度は、GHQ(連合国軍最高司令官総司令部)占領時に建前としての国家公務員法などがつくられたものの、戦前からの制度や慣行が建前の法律とは別の形で維持されてきた。今回の改革法案も今国会成立は難しいのではと言われていたが、大きく動き出したのはなぜか。公務員制度改革は、昨今のように官僚不祥事が頻発するなかで世論の支持率が高い。ある調査では80%以上の支持がある。与党は法案を提出した。野党がつぶすのはまずい。野党が修正して法案の成立に前向きになると、与党もそれを受けざるをえないというメカニズムだ。この意味では、与党側から法案を提出できたことで、大きな流れができていた。といっても、官僚が忌み嫌う法案をどのように提出できたのか。まず、担当大臣 ………

ログイン

オンラインサービスをご利用いただくには会員認証が必要です。
IDとパスワードをご入力のうえ、ログインしてください。

FACTA onlineは購読者限定のオンライン会員サービスです。年間定期購読をご契約の方は無料でご利用いただけます。オンライン会員登録がお済みでない方はこちらからお手続きください(※ご利用いただけるサービスは購読コースにより異なります。詳しくはこちらをご覧ください)。