ネットに「国民の敵」リストロシア過激派を捜査

2008年7月号 GLOBAL [グローバル・インサイド]

  • はてなブックマークに追加

ロシアの排外的過激派「セーベルナエ・ブラツトヴォ(北部同胞団)」がインターネットに「ロシア国民の敵」と称する名簿を公表、連邦検事総局が捜査に乗りだした。名簿には最高裁判所の判事や司法当局職員、人権擁護活動家らの住所氏名やパスポート番号を含む個人情報が詳しく記載されており、標的にされる懸念がでているからだ。問題のリストは1年前に米国で登録されたサイト(vdesyatku.net)に掲載された。コンテンツのほとんどは2~3月にアップロードされたようだが、ロシアで報道されたのは4月23日以降。すぐ閲覧禁止となったが、過激派のホームページ(www.nordrus.org)に転載された。当局が注目したのは、02年にチェチェン住民を銃殺したものの、無罪判決を受けたGRU(ロシア軍参謀本部情報総局)のウリマン大尉に逆転有罪判決を下した連邦最高裁軍事部の判事らもリストに挙がっていたこと。ロ ………

ログイン

オンラインサービスをご利用いただくには会員認証が必要です。
IDとパスワードをご入力のうえ、ログインしてください。

FACTA onlineは購読者限定のオンライン会員サービスです。年間定期購読をご契約の方は無料でご利用いただけます。オンライン会員登録がお済みでない方はこちらからお手続きください(※ご利用いただけるサービスは購読コースにより異なります。詳しくはこちらをご覧ください)。