大言壮語の太田代表に創価学会内の不満高まる

2008年7月号 POLITICS [ポリティクス・インサイド]

  • はてなブックマークに追加

「結局、大した発言力がないということだ」。公明党の支持母体・創価学会内で、太田昭宏代表への批判が強まっている。太田氏は、公明党・創価学会が年内の衆院解散・総選挙を強く望んでいると首相に伝えているが、首相は慎重姿勢を崩していない。このため太田氏の政権内での発言力不足に対し、苛立ちが募っている。公明党・創価学会が年内解散に固執するのは、来年は国政選挙並みに重視する7月の東京都議会選挙に集中しなければならないからだ。そこで注目されたのが、5月17日土曜日に首相公邸で行われた福田-太田会談。この席で太田氏は年内解散を強く迫ったが、「首相は早期解散の意思がないことを強調した」(公明党関係者)という。太田氏は学会に「解散の時期は公明党が決める」と豪語してきた経緯がある。もともと学会内では、エリート育ちの太田氏に対し「気位が高い」「謙虚さが足りない」とい ………

ログイン

オンラインサービスをご利用いただくには会員認証が必要です。
IDとパスワードをご入力のうえ、ログインしてください。

FACTA onlineは購読者限定のオンライン会員サービスです。年間定期購読をご契約の方は無料でご利用いただけます。オンライン会員登録がお済みでない方はこちらからお手続きください(※ご利用いただけるサービスは購読コースにより異なります。詳しくはこちらをご覧ください)。