大地震で中国辺境が「鳴動」

天変地異のあと、国家に深い亀裂。治安第一でグリップを締めるが、一党独裁の軋みが聞こえ始めた。

2008年7月号 GLOBAL [チベット・新疆不穏]

  • はてなブックマークに追加

命とは何とはかないものか。5月12日午後、四川省汶川(ウエンチユアン)を震源とするM8.0の大地震が発生、省全土で建物の崩壊や土砂崩れなどが起き、5月26日時点で死者6万2300人、行方不明2万人を数えた。この日はお釈迦さまが生まれた旧暦4月8日にあたり、香港は祝日だったが、国家的大難の日に暗転してしまった。中国は「一人っ子政策」で各家庭には子供1人だけ。瓦礫の下に埋もれた児童・生徒1万5千人の死は、両親の希望をすべて奪い去った。暗澹とした影が中国人の心を包み、インターネットには迷信が忍び寄る。北京五輪のマスコットである5体の「福娃」(幸せ人形)が実は禍々しい予兆だった、と言われだした。頭にツバメを載せたマスコットは凧で有名な山東省濰坊(ウェイファン)市の象徴だが、1カ月前に同市で列車事故が発生、200人以上が死んだ。頭がチベットカモシカのマスコットは3月のチベ ………

ログイン

オンラインサービスをご利用いただくには会員認証が必要です。
IDとパスワードをご入力のうえ、ログインしてください。

FACTA onlineは購読者限定のオンライン会員サービスです。年間定期購読をご契約の方は無料でご利用いただけます。オンライン会員登録がお済みでない方はこちらからお手続きください(※ご利用いただけるサービスは購読コースにより異なります。詳しくはこちらをご覧ください)。