ヒョウタン型のスタイル飛ばし

2008年7月号 連載 [industryの極意 第3回]

  • はてなブックマークに追加

クルマは耐久消費財でありながら、活動の場所が人目につく屋外という特徴がある。ゆえにユーザーの購買動機の一番目にスタイルが来るのはうなずける。ボディーカラーにこだわるのもまた当然であろう。何しろファションだからである。トヨタのクラウン、コロナ、マークⅡ、カローラなど1950年代から50余年もの長い間、会社の経営を支えてきた基幹車種がモデルチェンジする際、スタイルの変わり方は常に保守的であった。「変わり方の少なさ」より「変わりすぎ」による客の離反の方が怖いのである。71年2月に発売された4代目クラウンは「スピンドルシェイプ」という当時としては未来型モダンデザインであったが、従来モデルと全く継続性がなく、発売直後から市場の強い抵抗を受けた。一代とばして更に4年後のモデルまで待つというユーザーも出たために、通常4年間のモデルライフを6カ月間短縮して次の5代目 ………

ログイン

オンラインサービスをご利用いただくには会員認証が必要です。
IDとパスワードをご入力のうえ、ログインしてください。

FACTA onlineは購読者限定のオンライン会員サービスです。年間定期購読をご契約の方は無料でご利用いただけます。オンライン会員登録がお済みでない方はこちらからお手続きください(※ご利用いただけるサービスは購読コースにより異なります。詳しくはこちらをご覧ください)。