使用済み核燃料の輸送船暴露で見えた仏の野心

2008年7月号 GLOBAL [グローバル・インサイド]

  • はてなブックマークに追加

フランス北西部の軍港に入港したありふれた民間貨物船に、数百トンもの使用済み核燃料が密かに積まれ、しかもテロ予防策がまったく講じられていなかったことが、原子力産業の情報の不透明性を追及する環境保護団体グリーンピースによって暴露された。5月21日未明、シェルブールに投錨した貨物船「アトランティック・オスプレイ」がそれ。英国の核燃施設セラフィールドから使用済み核燃料を運び、仏原子力大手アレバのラ・アーグ工場で再処理後、南仏カダラッシュでプルトニウムとウランの混合酸化物(MOX)燃料に加工されることになっていた。セラフィールドは自社の再処理能力では間に合わず、アレバに一部を肩代わりしてもらったのが真相らしい。アレバは「輸送手段は国際安全輸送規則INFコード2に従っており、十分に安全」というが、世界一交通量の多い英仏海峡を横断しなければならない。何よりもプ ………

ログイン

オンラインサービスをご利用いただくには会員認証が必要です。
IDとパスワードをご入力のうえ、ログインしてください。

FACTA onlineは購読者限定のオンライン会員サービスです。年間定期購読をご契約の方は無料でご利用いただけます。オンライン会員登録がお済みでない方はこちらからお手続きください(※ご利用いただけるサービスは購読コースにより異なります。詳しくはこちらをご覧ください)。