ムグニエ暗殺~神の党ヒズボラのテロリスト<下>

シリア潜行、3人の「刺客」

2008年7月号 GLOBAL [集中連載]

  • はてなブックマークに追加

レバノンのシーア派政治組織、ヒズボラ(神の党)の軍事部門を率いる「テロの首魁」イマード・ムグニエを仕留めろ――。今年2月3日日曜午後。モサドのメイール・ダガン長官は、長官室に隣接する部屋で会議を開いた。テーブルに並ぶ水差しとコーヒーポット。会議の顔ぶれは、防諜機関シンベットの長官、国家安全保障の政府顧問、首相エフード・オルメルトの政治顧問、イスラエル国防軍(IDF)軍事法務官……イスラエルが合法と判断した暗殺を実行するモサドの暗殺部隊「キドン」の准将の顔も見えた。ダガン長官の傍らには作戦指揮官が座ったが、筆記席は空席、つまり会議の記録は残さないことになっていた。ダガンが長官に就任して6年、こうした会議が何度も開かれた。就任4カ月の2002年12月の初会議では、ヒズボラに寝返ったモサドの元情報提供者ラムジ・ナハラの名が俎上に載った。ナハラはダガン長官の知 ………

ログイン

オンラインサービスをご利用いただくには会員認証が必要です。
IDとパスワードをご入力のうえ、ログインしてください。

FACTA onlineは購読者限定のオンライン会員サービスです。年間定期購読をご契約の方は無料でご利用いただけます。オンライン会員登録がお済みでない方はこちらからお手続きください(※ご利用いただけるサービスは購読コースにより異なります。詳しくはこちらをご覧ください)。