シャープの片山社長に不満をぶちまける町田会長

2008年7月号 BUSINESS [ビジネス・インサイド]

  • はてなブックマークに追加

シャープ会長の町田勝彦(64)と社長の片山幹雄(50)の間で不協和音が囁かれている。昨年、同社はパイオニアの筆頭株主となったほか、液晶パネルで東芝やソニーと相次いで提携し、経営基盤を固めた。それを片山が自らの功績であるかのように内外で話したからだ。「すべてわしが仕組んだ話やろ」。町田は事あるごとにそう語り、怒りをぶちまけている。確執の原因はまだある。昨年7月、シャープはもう一つ大きな決断をした。大阪府堺市に40-60型の液晶テレビ製造に適した世界最大級の液晶パネル工場建設を決めたのがそれだ。もっとも決定の直前まで社内はもめた。町田がそれよりもワンサイズ小さい「40-50型の液晶テレビに適した工場で良いのではないか」と主張したためだ。結果的に最新鋭にこだわった片山が押し切り、より大きな生産設備に落ち着いたが、読みは外れた。思いのほか大画面の需要が伸び ………

ログイン

オンラインサービスをご利用いただくには会員認証が必要です。
IDとパスワードをご入力のうえ、ログインしてください。

FACTA onlineは購読者限定のオンライン会員サービスです。年間定期購読をご契約の方は無料でご利用いただけます。オンライン会員登録がお済みでない方はこちらからお手続きください(※ご利用いただけるサービスは購読コースにより異なります。詳しくはこちらをご覧ください)。