西本願寺・大谷門主の跡継ぎが築地本願寺へ

2008年7月号 連載 [RELIGIOUS WORLD]

  • はてなブックマークに追加

日本を代表する伝統仏教教団、浄土真宗本願寺派(西本願寺)を率いるのは、大谷光真門主(法名・即如)である。鎌倉時代に親鸞聖人が開いた浄土真宗。そのトップは世襲で引き継がれ、西本願寺の光真門主は親鸞から数えて24代目に当たる。西本願寺の大谷家は、近代日本における天皇家と同様、立憲君主的存在として君臨してきた。戦前、西本願寺のトップは伯爵で、皇室とも縁戚関係を結んだ「宗教貴族」。現在の光真門主は東大卒のインテリで、終戦直前の生まれということもあってか、反戦平和の思いが強く、開明で民主的な門主として知られる。その光真門主の長男で、新門と呼ばれる30歳の大谷光淳氏が今春、東京・築地本願寺の副住職に就任した。西本願寺の門主後継者が、京都を離れて「勤務」するのはこれまでに例がないという。しかも副住職は新設のポストだ。「本願寺新報」の4月10日号は、築地本願 ………

ログイン

オンラインサービスをご利用いただくには会員認証が必要です。
IDとパスワードをご入力のうえ、ログインしてください。

FACTA onlineは購読者限定のオンライン会員サービスです。年間定期購読をご契約の方は無料でご利用いただけます。オンライン会員登録がお済みでない方はこちらからお手続きください(※ご利用いただけるサービスは購読コースにより異なります。詳しくはこちらをご覧ください)。