人材流出でカラッポ危ない「スカイマーク」

2008年7月号 BUSINESS [ビジネス・インサイド]

  • はてなブックマークに追加

スカイマークがダッチロールを始めた。5月末に退職したパイロット2人の補充が間に合わず、大量の欠航を出すことが明らかになったが、内情はさらに深刻だ。航空会社の生命線である運航現場で人材流出が止まらないのだ。5月の2人は「ごく一部」。3月頃に7人のパイロットが辞めたといい、「いつ事故が起きてもおかしくない」と関係者は眉を顰める。国土交通省によれば、同社はボーイング737—800(B3)6機、同767—300(B6)4機を保有。これに対してパイロットは6月1日時点でB3が機長23人、副操縦士22人。B6が機長21人、副操縦士17人。パイロット数に法の定めはないが「便数からすれば、まったく余裕がない綱渡り状態」(関係者)。同社の元幹部は「表向きは機材繰りだが、実際は人繰りがつかず欠航したことがあった」と打ち明ける。パイロット流出の背景には待遇への不満がある。同社は業界で「パイロット養 ………

ログイン

オンラインサービスをご利用いただくには会員認証が必要です。
IDとパスワードをご入力のうえ、ログインしてください。

FACTA onlineは購読者限定のオンライン会員サービスです。年間定期購読をご契約の方は無料でご利用いただけます。オンライン会員登録がお済みでない方はこちらからお手続きください(※ご利用いただけるサービスは購読コースにより異なります。詳しくはこちらをご覧ください)。