地産グループの中核Oakキャピタルに赤信号

2008年7月号 BUSINESS [ビジネス・インサイド]

  • はてなブックマークに追加

みずほフィナンシャルグループに気の毒なOBがいる。東証2部上場の投資会社Oakキャピタルの社長に転じた元常務の河田潤氏だ。3月に業績不振の責任を取って社長を辞任、6月の株主総会で取締役も辞める。そのOakのオーナーは竹井博康氏。地産グループ総帥として知られた故・竹井博友氏の次男である。86年、三重県四日市の漁網会社ヒラボウの不動産に地産が目を付け、買収したのが同社の始まり。その後、漁網事業から撤退、「ビーエスエル」に社名を変え、06年に現社名に。現在、竹井ファミリーが経営する唯一の上場企業である。みずほFGから系列のUCカード専務に転じた河田氏を社長に招いたのが05年。「血筋」がネックの博康氏は、旧日本興業銀行で海外畑を歩み、みずほFGで常務を務めた河田氏を表看板に金融界とのパイプ作りを狙った。ところが、エリートバンカーの河田氏には投資会社の水が合わず、投資 ………

ログイン

オンラインサービスをご利用いただくには会員認証が必要です。
IDとパスワードをご入力のうえ、ログインしてください。

FACTA onlineは購読者限定のオンライン会員サービスです。年間定期購読をご契約の方は無料でご利用いただけます。オンライン会員登録がお済みでない方はこちらからお手続きください(※ご利用いただけるサービスは購読コースにより異なります。詳しくはこちらをご覧ください)。