「茨城新空港」牛耳る県政界のドン

県議14期、87歳。「陰の知事」と呼ばれる山口武平の前では、地元選出の額賀財務相も顔色なし!

2008年7月号 POLITICS

  • はてなブックマークに追加

東京都心から北東へ約120km。霞ケ浦の北側に位置する茨城県小美玉市の航空自衛隊百里基地。雑木林や田畑などが広がる基地周辺で今、道路工事が急ピッチで進められている。2010年3月に開港を予定している軍民共用化飛行場「茨城空港」のアクセス道路の建設だ。最近、中央のゼネコン(総合建設会社)関係者の間で、この工事がひとしきり話題となった。すでに着工している百里飛行場線(延長距離2.9km)、紅葉石岡線(同2.8km)、上吉影岩間線(同6.7km)など3路線の建設工事で、茨城県が1工区平均約200m単位で細切れ発注していることが発覚したためだ。しかも、落札率は96%前後と高止まり、受注業者は基地周辺の地元の中小建設業者ばかり。同県内に営業所を置くゼネコンは1社も参入していない。「露骨な大手業者排除じゃないか」ゼネコン関係者は不満を口にするが、空港本体工事に目を向けると、様相は一 ………

ログイン

オンラインサービスをご利用いただくには会員認証が必要です。
IDとパスワードをご入力のうえ、ログインしてください。

FACTA onlineは購読者限定のオンライン会員サービスです。年間定期購読をご契約の方は無料でご利用いただけます。オンライン会員登録がお済みでない方はこちらからお手続きください(※ご利用いただけるサービスは購読コースにより異なります。詳しくはこちらをご覧ください)。