バランス重視の「ナベシュウ」

2008年7月号 連載 [CHALLENGER]

  • はてなブックマークに追加

原油価格の高騰が続いている。石油や天然ガスの開発を手がける石油資源開発にとっては、追い風が吹いているともいえる。だが、石油・ガスの開発は、いわゆる千三つの世界だ。欧米のメジャーに加え、中国、ロシアといった新興国とも鎬を削るハイリスク・ハイリターンの厳しい世界である。6月25日付で通産省(現・経産省)OBの指定席である石油資源開発社長の椅子に座るのが、日本貿易振興機構(ジェトロ)理事長から昨年、社長含みで副社長に転じた渡辺修氏。この1年間、先輩の次官OB、棚橋祐治社長のもとで準備をした。最近の石油・ガス市場の激しい動揺をよそに、天下り人事が踏襲された。石油資源開発は東証に上場しているが、発行済み株式の34%を経産省が握る国策会社。経産省が06年に策定した「新・国家エネルギー戦略」では、和製メジャーによる原油の自主開発比率を現在の約15%から2030年までに ………

ログイン

オンラインサービスをご利用いただくには会員認証が必要です。
IDとパスワードをご入力のうえ、ログインしてください。

FACTA onlineは購読者限定のオンライン会員サービスです。年間定期購読をご契約の方は無料でご利用いただけます。オンライン会員登録がお済みでない方はこちらからお手続きください(※ご利用いただけるサービスは購読コースにより異なります。詳しくはこちらをご覧ください)。