前途多難な大阪朝日の不動産事業

2008年7月号 連載 [メディアの急所]

  • はてなブックマークに追加

広告収入も部数も減り続ける逆風下にも拘わらず、全国紙では社屋の建て替えブームが続いている。日経は2009年3月、東京・大手町の東京本社を近隣の国有地(等価交換で取得)に移転する。新社屋は高さ155メートル、31階建て。朝日は2014年3月までに大阪・中之島の大阪本社を現在の中低層ビル3棟から高さ200㍍、41階と39階建ての超高層ビル2棟に建て替える。大阪の都心で最大級のツインビルという。建設費で数百億円の巨大プロジェクト。減益が続く中、経営を圧迫するのは間違いない。朝日は好立地を生かして、新社屋2棟のうち1棟を丸ごとテナントビルとして、家賃をがっぽり稼ぐ皮算用だ。しかし、近辺では東京に数年遅れて超高層ビルラッシュが続いており、大阪駅北側のJR貨物(梅田北ヤード)跡地もビジネス街として生まれ変わる。このため、朝日社内には「目ぼしい大阪企業が本社機能を東京に移し、実 ………

ログイン

オンラインサービスをご利用いただくには会員認証が必要です。
IDとパスワードをご入力のうえ、ログインしてください。

FACTA onlineは購読者限定のオンライン会員サービスです。年間定期購読をご契約の方は無料でご利用いただけます。オンライン会員登録がお済みでない方はこちらからお手続きください(※ご利用いただけるサービスは購読コースにより異なります。詳しくはこちらをご覧ください)。