残酷で温かい西原理恵子

2008年7月号 連載 [硯の海 当世「言の葉」考 第27回]

  • はてなブックマークに追加

勤めている大学院で「トップセミナー」という講座名の授業を週1回持っている。有名な人を招いて話を聞く。下げたことのない頭を下げて、拝み倒して来てもらう。もう3年近くになるが、もっとも強烈な印象を残したゲストが漫画家西原理恵子であった。だまって座っていれば良家の若奥様といった風情の美女である。本人に直接会ったのはこのときが初めてだ。共同でこの講座を担当している毎日新聞の人が「毎日かあさん」という連載をやっているので、その漫画家なら呼べるかも、とアイデアを出した。10年ほど前だったか、西原理恵子の『ぼくんち』という漫画本を10冊ほど購入し、財界人らの会合で配ったことのある私は、まっさきに賛成した。漫画を手にすることはほとんどないが、例外が西原理恵子のものだった。静かな口調でここに至るまでの人生を語りだした。しだいに調子が出てきたな、と思ったとたん、 ………

ログイン

オンラインサービスをご利用いただくには会員認証が必要です。
IDとパスワードをご入力のうえ、ログインしてください。

FACTA onlineは購読者限定のオンライン会員サービスです。年間定期購読をご契約の方は無料でご利用いただけます。オンライン会員登録がお済みでない方はこちらからお手続きください(※ご利用いただけるサービスは購読コースにより異なります。詳しくはこちらをご覧ください)。