病の天皇が望む「韓国訪問」

先帝が残した「負の遺産」の清算を渇望。74歳の天皇が半島の土を踏む日は来るか。

2008年7月号 LIFE

  • はてなブックマークに追加

外交の原則は相互主義である。元首が来日すれば、天皇あるいは名代としての皇族が答礼するのが国際儀礼だ。しかし日韓両国の関係で言えば、この原則は等閑されている。ここ20年来、歴代大統領6人がそろって訪日しているのに、歴史認識の問題などがあり、招請はありながら韓国訪問は実現していない。それでも天皇は植民地時代を振り返り、和解や友好のメッセージを繰り返している。海峡の高い波浪が静まり、隣国への訪問が可能になるのはいつの日か。4月20日夕刻、就任したばかりの李明博大統領が米国訪問の帰途来日し、翌日天皇と会見して韓国訪問を招請した。それをフォローするかのように権哲賢駐日大使は、「大統領は天皇が韓国へ来られないことはないと言ったが、私も同感だ。訪韓が駄目だと言うのは、日韓両首脳のいう新時代、未来志向の関係にそぐわない」と語った。しかし福田康夫首相は慎重で「 ………

ログイン

オンラインサービスをご利用いただくには会員認証が必要です。
IDとパスワードをご入力のうえ、ログインしてください。

FACTA onlineは購読者限定のオンライン会員サービスです。年間定期購読をご契約の方は無料でご利用いただけます。オンライン会員登録がお済みでない方はこちらからお手続きください(※ご利用いただけるサービスは購読コースにより異なります。詳しくはこちらをご覧ください)。