前田 晃伸氏(みずほフィナンシャルグループ社長)

「独立自尊」を胸に難関に処す

2008年7月号 連載 [経営者のひきだし 第27回]

  • はてなブックマークに追加

サブプライムローン問題の影響が、深まってきた。国内外で、景気の足を引っ張りつつある。日本の金融機関が直接受けた打撃は、あくまで一過性で、1年間に手にする利益の範囲で処理は可能だ。だが、これから、景気後退の余波を浴びる。期待していただけの収益が上がらなければ、メガバンクといえども、簡単には打って出る訳にいかない。でも、ただ嵐が過ぎ去るのを待っていては、飛躍の好機を失う。未曾有の金融危機のときほどではなくても、また難しいときを迎えた。「耐冷耐苦耐煩耐閑 不激不躁不競不随 以成事」(冷に耐え、苦に耐え、煩に耐え、閑に耐え、激せず、躁(さわ)がず、競わず、随(したが)わず、以て事を成すべし)19世紀の中国・清の政治家で、思想家でもあった曾国藩(そうこくはん)の言葉だ。「四耐四不」と呼ばれ、読めば字のごとく、困難に遭遇したときの心構えを説く。この「 ………

ログイン

オンラインサービスをご利用いただくには会員認証が必要です。
IDとパスワードをご入力のうえ、ログインしてください。

FACTA onlineは購読者限定のオンライン会員サービスです。年間定期購読をご契約の方は無料でご利用いただけます。オンライン会員登録がお済みでない方はこちらからお手続きください(※ご利用いただけるサービスは購読コースにより異なります。詳しくはこちらをご覧ください)。