グリゴーリイ・ポチョムキン<上>

どうして、あの女だけを

2008年7月号 連載 [第二の男]

  • はてなブックマークに追加

啓蒙専制君主として知られるロシアの女帝エカテリーナ2世の数多い愛人の中でも長く寵愛をほしいままにし、その治世の一時期を共同統治した事実上の夫である。ともに激しい魂が共鳴した大ロマンは、あるシンデレラ物語から始まる。『シンデレラ』も『白雪姫』も、実は「その後」の人生が面白いはずだ。飛びぬけた美人ではないが、利発なプロシャ貴族の娘ゾフィー・フリデリーケ・アウグスタは、思いもよらずロシア皇太子妃になった。元々、そこまでの家柄ではないが、母ヨハンナ・エリザベートはプロシャの名門ホルシュタイン=ゴットルプ一族の出で、彼女の早世した兄カール・アウグストが、ロシアの女帝エリザヴェータの若き日の婚約者という縁がある。独身のまま帝位を継いで、亡き姉アンナのひとり息子ペーター・ウルリッヒが皇太子ピョートルになった。姉はホルシュタイン=ゴットルプ公夫人だった ………

ログイン

オンラインサービスをご利用いただくには会員認証が必要です。
IDとパスワードをご入力のうえ、ログインしてください。

FACTA onlineは購読者限定のオンライン会員サービスです。年間定期購読をご契約の方は無料でご利用いただけます。オンライン会員登録がお済みでない方はこちらからお手続きください(※ご利用いただけるサービスは購読コースにより異なります。詳しくはこちらをご覧ください)。