信越化学の老獪社長が日経ビジネスに激怒

2008年7月号 BUSINESS [ビジネス・インサイド]

  • はてなブックマークに追加

信越化学工業の金川千尋社長が「日経ビジネス」にご立腹だ。6月2日発売の号で「信越化学が8割減益に?」と書かれたからだ。金川社長は「株価に影響したら、法的措置もとる」と激怒している。その記事で目を引くのは、見出しと、原油が1バレル=200ドルに値上がりした場合に減益幅の大きい順を示す表だ。信越の営業減益幅は3位の81%マイナス。記事では、第一生命経済研究所の試算をもとにしたとしている。発売日の前日、日曜日であるにもかかわらず、広報担当の中村健取締役や経営企画部のメンバーが東京・大手町の本社に集められて抗議の仕方を協議。2日付で抗議文を出した。「あたかも弊社に大幅減益の危険があるかのような著しく誤った印象を読者に与え」「不当な表現があった」として、「強く抗議する」という内容だった。金川社長は9日に開かれた記者会見で記事に対する怒りを公式に表明。赤字の主 ………

ログイン

オンラインサービスをご利用いただくには会員認証が必要です。
IDとパスワードをご入力のうえ、ログインしてください。

FACTA onlineは購読者限定のオンライン会員サービスです。年間定期購読をご契約の方は無料でご利用いただけます。オンライン会員登録がお済みでない方はこちらからお手続きください(※ご利用いただけるサービスは購読コースにより異なります。詳しくはこちらをご覧ください)。