どん底から「琴欧洲改造」物語

初優勝に親子は抱き合って涙した。親孝行がしたくてブルガリアから来た大男の純情。

2008年7月号 LIFE

  • はてなブックマークに追加

大相撲夏場所14日目(5月24日)、大関琴欧洲が苦手の安馬を下して初優勝を決め、感動でじんわり目をうるませていた。その向こうに父・ステファンさん(52)の姿があった。18時間も飛行機を乗り継いで来日した。寡黙でシャイなところがブルガリア人気質というが、ステファンさんは升席で立ち上がり、祝福の歓呼に応えて両手を突き上げている。その目立つこと。身長は2メートル近い、体重も135キロと琴欧洲に負けていない。支度部屋で「頭が真っ白になった。ホッとしたよ」と父は子に声をかけ、熱い抱擁を交わした。巨体の親子の涙して抱き合う姿は感動的だった。

兄弟子のような親方の一言

本名カロヤン・ステファノフ・マハリャノフの名は12世紀末の第2次ブルガリア帝国の「カロヤン皇帝」に由来する。4800グラムの巨大ベビー誕生に父は「天下をとる」と確信したらしい。ステファンさんは言う。「何事も自由なハートが大事だ」 ………

ログイン

オンラインサービスをご利用いただくには会員認証が必要です。
IDとパスワードをご入力のうえ、ログインしてください。

FACTA onlineは購読者限定のオンライン会員サービスです。年間定期購読をご契約の方は無料でご利用いただけます。オンライン会員登録がお済みでない方はこちらからお手続きください(※ご利用いただけるサービスは購読コースにより異なります。詳しくはこちらをご覧ください)。