永野 健氏(日経連元会長)

明日はアナザデー

2008年7月号 連載 [ひとつの人生]

  • はてなブックマークに追加

永野健氏の財界人デビューは、板ばさみとともに始まった。1990年に三菱金属と三菱鉱業セメントを合併させ、三菱マテリアル初代会長の座に就いたばかりで、第6代日経連会長の鈴木永二氏(三菱化成出身)が、「三菱たらい回し」の批判を押し切って次期会長に抜擢しようとしたのだ。烈火のごとく怒ったのが、経済同友会代表幹事の石原俊氏(日産自動車)。次の代表幹事に白羽の矢を立てていたのに“横取り”された形だからだ。88年のリクルート事件で有力財界人が傷つき、経済団体トップは候補難だったから、鈴木氏はしたたかに外堀を埋めていく。日経連の先代会長で三菱鉱業セメントの重鎮、大槻文平氏を動かしたのだ。合併相手の頼みである。永野氏は「断れんなあ」と悩んだという。技術畑出身だけに「財界労担なんて務まるのか」と危ぶむ声もあった。それを杞憂と笑い飛ばしたのが広島の同郷人、宮沢喜一 ………

ログイン

オンラインサービスをご利用いただくには会員認証が必要です。
IDとパスワードをご入力のうえ、ログインしてください。

FACTA onlineは購読者限定のオンライン会員サービスです。年間定期購読をご契約の方は無料でご利用いただけます。オンライン会員登録がお済みでない方はこちらからお手続きください(※ご利用いただけるサービスは購読コースにより異なります。詳しくはこちらをご覧ください)。