日ロ「原子力協定」 サミット前にも調印

米ロが5月に先行して本調印。障害は克服された。手ぐすね引く東芝の原発ビジネスにチャンス。

2008年6月号 GLOBAL

  • はてなブックマークに追加

ロシア新大統領メドべージェフの就任式に、その歴史的瞬間はすっかり隠れてしまった。2期8年にわたったプーチン大統領の任期が満了する前日の5月6日、米国のブッシュ政権はついにロシアとの原子力協定(原子力の平和利用に関する協力協定)に正式調印したのだ。これによって、「核の平和利用」分野で米ロが協力していく法的基盤が形成されたことになる。本調印はブッシュ大統領自身の決断だったという。ロシアで新政権がスタートする直前、ブッシュ大統領は「対テロ戦争」の盟友プーチンとの最後の約束を果たしたのだ。締結交渉開始に両国が合意した06年7月から2年弱だが、紆余曲折の道のりだった。昨年7月の米国メーン州ケネバンクポートでのブッシュ・プーチン会談の直前に仮調印にこぎ着けていたが、そこから本調印まで思いのほか時間がかかった。

ネオコン派の抵抗退けて

その裏側には、イランの核開発問題をめぐってブッ ………

ログイン

オンラインサービスをご利用いただくには会員認証が必要です。
IDとパスワードをご入力のうえ、ログインしてください。

FACTA onlineは購読者限定のオンライン会員サービスです。年間定期購読をご契約の方は無料でご利用いただけます。オンライン会員登録がお済みでない方はこちらからお手続きください(※ご利用いただけるサービスは購読コースにより異なります。詳しくはこちらをご覧ください)。