電通専務とFIFA「裏金」

スイスの裁判で、起訴状に衝撃のリストが出現した。02年サッカーW杯日韓大会の裏で、私した日本人は誰か。

2008年6月号 COVER STORY [「広告の巨人」追撃第1弾]

  • はてなブックマークに追加

3月11日、ツークは氷雨が降っていた。スイス中央部のツーク湖畔のほとりにある州都。旧市街には時計塔、礼拝堂、火薬庫が並び、さながら中世の町だが、鉄道駅周辺になると雰囲気が一変して、現代的で無機質なビルが立つ風景である。その一角にあるのが刑事裁判所だ。教室のように殺風景な法廷に6人のスーツ姿の男が集まった。何十億スイスフランもの札束が乱舞したスポーツ・ビジネス史上最大のスキャンダルが、ここで裁かれようとしているとはとても思えない。彼らはその初公判に臨む被告たちだった。日本では一行も報じられなかったが、他人事ではない。「ゼップ」の愛称を持つ国際サッカー連盟(FIFA)ヨーゼフ・ブラッター会長の黒い噂に加えて、日本の大手広告代理店、電通の現職専務も登場する前代未聞の裏金疑惑だからだ。しかも舞台は2002年の日本・韓国共催のワールドカップなのである。6人が ………

ログイン

オンラインサービスをご利用いただくには会員認証が必要です。
IDとパスワードをご入力のうえ、ログインしてください。

FACTA onlineは購読者限定のオンライン会員サービスです。年間定期購読をご契約の方は無料でご利用いただけます。オンライン会員登録がお済みでない方はこちらからお手続きください(※ご利用いただけるサービスは購読コースにより異なります。詳しくはこちらをご覧ください)。