大久保利通

内治を整い民産を殖する

2008年6月号 連載 [第二の男]

  • はてなブックマークに追加

薩摩藩の公武合体運動のために、大久保利通は島津久光の意を体して奔走する。藩主でもない久光は名分を得るため、朝廷守衛の勅許を得て兵を率いて入京したかった。その上で幕政改革のため、「朝廷が非常の聖断をもって一橋慶喜を将軍の後見に、松平慶永(よしなが)を大老にすべしと幕府に対し勅命を発し、大藩に協力して忠誠をつくすべしと特に命じてほしい」と、大久保は権大納言近衛忠房に協力を仰ぐが拒絶される。藩内外の批判も強い。他方、尊攘激派は倒幕挙兵の機とみた。藩内不調和。大久保は状況改善のため、信望ある西郷隆盛を大島から戻すよう尽力した。だが、西郷は計画に反対し、久光を激怒させる。大久保の説得でようやく西郷は起用され、情報収集しながら京に先発し下関で久光を待つはずが、薩長土の激派暴発の危険を知り、鎮撫のため無断で上京、久光をまた怒らせた。驚いた大久保は西郷 ………

ログイン

オンラインサービスをご利用いただくには会員認証が必要です。
IDとパスワードをご入力のうえ、ログインしてください。

FACTA onlineは購読者限定のオンライン会員サービスです。年間定期購読をご契約の方は無料でご利用いただけます。オンライン会員登録がお済みでない方はこちらからお手続きください(※ご利用いただけるサービスは購読コースにより異なります。詳しくはこちらをご覧ください)。