舛添流「改革人事」でも厚労官僚は変わらない?

2008年6月号 POLITICS [ポリティクス・インサイド]

  • はてなブックマークに追加

08年を「厚労省改革元年」と位置づける舛添要一・厚生労働大臣。この4月、象徴的な人事が実施された。独立行政法人医薬品医療機器総合機構(PMDA)の理事長に、前国立国際医療センター病院長の近藤達也氏が就任したのだ。同機構は新薬の審査や安全管理を担う組織で、理事長は厚労省の薬系技官の天下りポスト。医師の起用は、同機構の前身の組織の時代も含めて初めて。近藤氏への打診は就任直前の2月ごろとされ、本人はもちろん、厚労省にとっても「寝耳に水」の人事だった。舛添大臣は3月にも、厚労省の職員が大臣に直接電子メールで提案できる「改革ホットライン」を開設。さらに広報委員会のほか、改革準備室を設置した。この準備室は「厚生労働省改革推進室」の設置に向けた準備組織で、室長は舛添大臣の政務秘書官を務める福嶋輝彦氏。この種の組織の設置自体が異例だが、起用したスタッフも入省4年 ………

ログイン

オンラインサービスをご利用いただくには会員認証が必要です。
IDとパスワードをご入力のうえ、ログインしてください。

FACTA onlineは購読者限定のオンライン会員サービスです。年間定期購読をご契約の方は無料でご利用いただけます。オンライン会員登録がお済みでない方はこちらからお手続きください(※ご利用いただけるサービスは購読コースにより異なります。詳しくはこちらをご覧ください)。