霞が関揺るがす「日の丸官僚」構想

「信頼できる官邸スタッフが欲しい」。首相の鶴の一声で「公務員制度改革法案」が審議入り。

2008年6月号 POLITICS

  • はてなブックマークに追加

行政改革担当相・渡辺喜美vs霞が関――。既得権に固執する官僚機構と、自民党でも浮き気味のパフォーマンス政治家の不毛なドタバタ劇。昨春の天下り規制と「人材バンク」創設が第1幕。年末の独立行政法人の統廃合が第2幕だった。衆院で9日に審議入りした国家公務員制度改革基本法案。いよいよ第3幕かと思いきや、首相官邸や民主党も巻きこんで、構図は一段と複雑だ。「いいじゃないか。200人でも600人でも、首相を支えるスタッフを創ればいい」。4月の国会提出を後押ししたのは首相・福田康夫の鶴の一声だった。「首相の命を受け、内閣の重要政策のうち特定のものに係る企画立案に関し、首相を補佐する職(国家戦略スタッフ)を置く」。法案の他の部分には冷たかった宰相がこの一文を見るや、飛びついた。元首相・小泉純一郎は政策決定を官邸主導に転換。慶大教授・竹中平蔵を経済財政諮問会議の担当相に ………

ログイン

オンラインサービスをご利用いただくには会員認証が必要です。
IDとパスワードをご入力のうえ、ログインしてください。

FACTA onlineは購読者限定のオンライン会員サービスです。年間定期購読をご契約の方は無料でご利用いただけます。オンライン会員登録がお済みでない方はこちらからお手続きください(※ご利用いただけるサービスは購読コースにより異なります。詳しくはこちらをご覧ください)。