朝日新聞「社主株」ドンデン返し

気まぐれな87歳の女社主。相続人の甥は嫌われ、秋山社長の水面下工作に「獅子身中の虫」が出現した。

2008年6月号 DEEP

  • はてなブックマークに追加

不思議なオペラ演出だった。原作の『フィガロの結婚』にはない黒衣(くろご)の天使が物陰から現れ、フィガロやスザンナ、伯爵や伯爵夫人に影のようにつきまとい、パントマイムで邪魔したり唆したり……欲望の化身を視覚化している。4月に大阪、名古屋、東京で上演されたザルツブルク音楽祭の引っ越し公演(朝日新聞文化財団、朝日新聞主催)である。4月24日の上演は上野の東京文化会館ホール。客席のほぼ中央に、朝日新聞の秋山耿太郎(こうたろう)社長がいた。上演は同紙創刊130年記念事業の一環だから、ゆかりの人々が大勢招待されている。秋山社長はせわしなく周囲に挨拶を送っていた。クラウス・グートが着想した「黒衣の天使」は、小悪魔のように気まぐれで人を翻弄する。いかにもモーツァルト的だが、秋山社長の目にはどう映ったろうか。実は彼にも、むら気ゆえに悩ましい存在がいる。87歳の朝日 ………

ログイン

オンラインサービスをご利用いただくには会員認証が必要です。
IDとパスワードをご入力のうえ、ログインしてください。

FACTA onlineは購読者限定のオンライン会員サービスです。年間定期購読をご契約の方は無料でご利用いただけます。オンライン会員登録がお済みでない方はこちらからお手続きください(※ご利用いただけるサービスは購読コースにより異なります。詳しくはこちらをご覧ください)。