「横山やすし」のいない大阪

2008年6月号 連載 [硯の海 当世「言の葉」考 第26回]

  • はてなブックマークに追加

お笑いが好きで、いろいろ見ている。このごろ、テレビを席巻しているお笑いは、よくてコント、普通は一発芸程度でしかないものが多く、わざわざ劇場まで出向いて金を払ってまで見たいとは思わない。たくさんの漫才を見てきたが、私の場合、好きになるのはうそ臭さを感じない漫才、というか、どこかに漫才師の生き様のようなものが見え隠れするものである。やす・きよの横山やすし、ツービートのビートたけし、ダウンタウンの松本人志、爆笑問題の太田光。相方と合わないのではと思わせるほど個性が強烈で、存在そのものが自己主張している。なかでももはやこの目で見ることが不可能になった横山やすしはすごかった。月並みな表現しか浮かんでこないほど「すごかった」のだ。入学年でいえばやすしは私より1年上ということになるが、同じ昭和19年の申年生まれである。だからどうだということもないが、会 ………

ログイン

オンラインサービスをご利用いただくには会員認証が必要です。
IDとパスワードをご入力のうえ、ログインしてください。

FACTA onlineは購読者限定のオンライン会員サービスです。年間定期購読をご契約の方は無料でご利用いただけます。オンライン会員登録がお済みでない方はこちらからお手続きください(※ご利用いただけるサービスは購読コースにより異なります。詳しくはこちらをご覧ください)。