大証・ジャスダック統合で旧大蔵天下りポストが消滅

2008年6月号 BUSINESS [ビジネス・インサイド]

  • はてなブックマークに追加

大阪証券取引所とジャスダック証券取引所の統合が決定的となり、金融庁(旧大蔵省)の天下りポストも消滅する情勢だ。ジャスダックで「統合反対の急先鋒」だった藤原隆会長、渡辺達郎社外取締役の両金融庁OBが退任に追い込まれ、筒井高志社長ら統合推進派が経営の主導権を握ったためだ。これまで藤原氏らはジャスダックの取締役会を牛耳って、統合の前提となるシステムの一本化を否決。さらに大証によるジャスダックの資産査定も拒んだため、筒井社長と筆頭株主の日本証券業協会が「守旧派の一掃」に踏み切った。天下り批判の高まりと、政府系金融機関の再編・民営化のあおりを受け、旧大蔵OBの再就職先は減る一方だ。そんな中で証券界は有力な受け皿になっていた。藤原氏らは「特定の株主(大証)の意向だけで市場運営が左右されるのは好ましくない」と正論を主張していたが、業界では「彼らが統合を嫌 ………

ログイン

オンラインサービスをご利用いただくには会員認証が必要です。
IDとパスワードをご入力のうえ、ログインしてください。

FACTA onlineは購読者限定のオンライン会員サービスです。年間定期購読をご契約の方は無料でご利用いただけます。オンライン会員登録がお済みでない方はこちらからお手続きください(※ご利用いただけるサービスは購読コースにより異なります。詳しくはこちらをご覧ください)。