飛島、熊谷、前田ら土木系ゼネコンの「終末」

2008年6月号 BUSINESS [ビジネス・インサイド]

  • はてなブックマークに追加

飛島建設が一段と追い詰められている。4月25日に08年3月期業績予想の下方修正を発表。連結最終赤字が従来の60億円から109億円へ悪化したほか、営業赤字も52億円から86億円へと拡大している。連結最終損益は02年3月期から7期連続の赤字で、その合計額はざっと670億円。業績修正と同じタイミングで約200人(全従業員の12%相当)の希望退職の募集を発表したが、自己資本275億円(07年9月中間期)の財務体力では「もはや再建に打つ手なし」(証券アナリスト)の状況といえる。飛島はバブル崩壊後に金融機関から債務免除を受けた、いわゆる「ゾンビ・ゼネコン」の一社。ただし、1883年に福井で創業した老舗で、傘下から暖簾分けして独立した同業者が少なくない。そのうちの一つ、熊谷組は80年代に大手の一角に食い込むほど急成長したが、不動産への過剰投資で躓いて飛島と同じように債務免除を受け、現在で ………

ログイン

オンラインサービスをご利用いただくには会員認証が必要です。
IDとパスワードをご入力のうえ、ログインしてください。

FACTA onlineは購読者限定のオンライン会員サービスです。年間定期購読をご契約の方は無料でご利用いただけます。オンライン会員登録がお済みでない方はこちらからお手続きください(※ご利用いただけるサービスは購読コースにより異なります。詳しくはこちらをご覧ください)。